PAVONE PRESENT
PAVONE SELECTION
NEWS & PICKUP

キャセイパシフィック航空とハイアット ホテルズ アンド リゾーツ、機内食メニューにおけるグローバル・コラボレーションを開始

16/06/13

 キャセイパシフィック航空はグランド ハイアット香港および世界各地の5軒のパーク ハイアットで活躍する計6人のスターシェフとの協力による特別機内食メニューの提供を6月1日より開始しました。今回の機内食コラボレーションは、両社にとって過去最大規模で展開されるものとなります。6月1日から2017年半ばまでの期間に提供される機内食メニューでは、日本人シェフを含む、以下の6人の有名シェフが所属する各レストランからの看板料理が順次用意されます。

・グランド ハイアット香港「One Harbour Road」、李樹添 シェフ

・パーク ハイアット ニューヨーク「The Back Room」、セバスチャン・アーシャンボルト シェフ

・パーク ハイアット シカゴ「NoMI」、竹内 聡 シェフ

・パーク ハイアット ミラノ「VUN」、アンドレア・アプレア シェフ

・パーク ハイアット トロント「Annona」、ジョアン・モンファレディ シェフ

・パーク ハイアット チューリッヒ「Parkhuus」、フランク・ウィドマー シェフ

  今回の機内食コラボレーションの第一弾で登場するのは、数多くの受賞歴を誇るグランド ハイアット香港One Harbour Roadからの料理。8月31日までオーストラリアやニュージランド、欧州、北米方面など香港発のほとんどの長距離路線便の全クラスで、李樹添料理長が手がけた伝統的広東料理メニューの数々が用意されます。1989年のグランド ハイアット香港の開業以来、長年にわたってシェフを務める李樹添による家庭的な広東料理で定評あるOne Harbour Roadは「食の都」香港の名店として広く知られています。

 今回、キャセイパシフィック航空のためにOne Harbour Roadが用意するメニューは、香港で愛される地元の人気料理の味を楽しんでもらうことに主眼を置いて吟味されています。自らのルーツに忠実であり続ける李樹添料理長による特別メニューには、伝統的食材と併せて、蒸す、煮る、スロークッキングなどの調理技法を採用。シェフが母親の手料理から着想を得た、魚肚、スイートコーン、山伏茸が入り乾燥マンダリンでほのかに風味づけされた濃厚な鶏スープや、香港の代表的な人気ソウルフードに挙げられる絶妙な蒸し加減の豚挽き肉にキノコ、イカ、ヒシの実が添えられた一品、そしてOne Harbour Roadの名物として知られるマンゴープリンなどが用意されています。

 機内食メニューは順次入れ替わり、それぞれを担当するシェフは使い慣れた自らのキッチンで、いつもの調理技法とともに細心の注意を払いながら料理を用意します。また今回協力するハイアットのレストランは地元経済の促進に繋がる地産食材を各地で積極的に採用します。

 卓越した顧客サービスを追求し続けるキャセイパシフィック航空とハイアット ホテルズ アンド リゾーツは、それぞれの業界の先駆者として新しいサービス基準を確立し続けています。今回のコラボレーションによる機内食メニューは、世界各国を飛び廻る現代のビジネスエグゼクティブやジェットセッターからの、斬新な食事を楽しみたいという要望に応えるもので、機内でより充実した旅行体験を実現するために創作されています。

 

[お問い合わせ]

キャセイパシフィック航空

www.cathaypacific.co.jp