PAVONE PRESENT
PAVONE SELECTION
NEWS & PICKUP

キャセイパシフィック航空、マニラのニノイ・アキノ国際空港に「キャセイパシフィック・ラウンジ」を開設

15/05/13

 キャセイパシフィック航空はマニラのニノイ・アキノ国際空港(NAIA)ターミナル3の4階114番ゲート付近に「キャセイパシフィック・ラウンジ」を5月9日に開設しました。昨年12月に羽田空港に開設した自社ラウンジで初めて導入されたスタジオイルゼ(Studioilse)による新デザインが採用されています。

 今回マニラに開設された新ラウンジの総床面積は650㎡と、マニラ空港のターミナル1に設置されていた旧ラウンジのおよそ2倍の広さを誇ります。座席数は135席に及び、搭乗前のファーストとビジネスクラスの乗客に心地よい空間と上質な時間を提供します。

 新ラウンジではロンドンを拠点に活躍するイルゼ・クロフォード氏率いるスタジオイルゼ(Studioilse)を起用し、キャセイパシフィック航空の新ブランドコンセプトを反映した、五感にやさしく響く心地よさで乗客にくつろいでもらうデザイン空間を創出。木や石などの天然資材を多用することで温もりを演出しながら音響や照明効果にも最大限の配慮を施しています。また、数多くの観葉植物により彩りと居心地の良さを演出するとともに、要所に配置された地元フィリピン出身のアーティストらの作品により地元文化の色が添えられています。

 ラウンジ全体には窓から豊富な自然光が差し込み、空港ラウンジというよりは家のリビングルームのような雰囲気が漂います。ラウンジに配置されたデザイナー家具や照明器具には実用性と快適性を兼ね備えた選りすぐりの逸品を揃えました。窓際にはゆったり身を任せることができる1人掛けの椅子、照明器具と電源ソケットを備えた特性サイドテーブルが並び、ビューローと称するビジネススペースには2種類のOSを搭載したiMacとプリンターを完備した計3席のワークステーションを配備。そしてラウンジ内ではWi-Fi を通じた高速インターネット接続も常時可能となっています。

 飲食施設の充実に重点が置かれ、「キャセイパシフィック・ラウンジ」の象徴的存在とも言える「ザ・ヌードル・バー」では、香港国際空港でも人気のキャセイパシフィック特製の担担麺やワンタン麺など、できたての本格的麺料理がシェフ自らの手によって用意されます。午前11時までは伝統的なフィリピンの朝食メニューも提供されます。注目を集めるもうひとつの飲食施設であるバーでは、各種タパス(小皿メニュー)やデザートに加えて、フレッシュ・カクテルや豊富なアルコール類とノンアルコール飲料を楽しむことができます。

 マニラの新ラウンジは、利用客にゆったり感と旅の楽しみを提供すべく、キャセイパシフィック航空のブランドコンセプトに基づいて設計されています。

[お問い合わせ先]

キャセイパシフィック航空

http://www.cathaypacific.co.jp