PAVONE PRESENT
PAVONE SELECTION
新着記事 カテゴリー 新着記事

欧州の貴族たちが愛した気品あふれるテーブルウエア

欧州の貴族たちが愛した気品あふれるテーブルウエア - HEREND

HEREND(ヘレンド)
Apponyi Vert
テーブルウエアのシリーズ「アポニー・グリーン」のポットとカップ&ソーサー。ハンガリーの名門貴族アポニー伯爵が突然の賓客のためにオーダーしたという逸話を持つ。その後の世界中からの支持を得てヘレンドを代表するベストセラーに。
「オリエンタルポット マンダリン」
容量:約460ml 価格:31,500円
「オリエンタルカップ&ソーサー」
容量:約120ml 価格:13,650円

 私事で恐縮だが、ヘレンドに初めて触れたのは、数十年前に当時お世話になっていた旧ドイツ外交官宅でいただいたコーヒーカップである。美しくしかも東洋的なデザインで、恥ずかしながら思わず日本製かと尋ねてしまった、思い出の品だ。それはのちに金魚をモチーフにしたヘレンドの「ポワッソン」というカップであることがわかった。

 以来、その時の恥ずかしさもあって、いろいろなシーンでヘレンドを意識することが多くなったが、いつも感じるのは、この磁器の透き通るような白い地肌と繊細で華やかなペイントワークがかもし出す、優美な気品と不思議な親近感である。ハレの日の食卓はもちろん、気取らない日常の一杯のティーブレイクですら、雅で華やかになる。

 さて、ヘレンドは1826年、ハンガリーで開窯した磁器メーカーである。貴族の中の貴族と呼ばれたハプスブルク家の保護のもと、ウィーンをはじめヨーロッパ各国の王侯貴族を魅了してきたブランドだ。当時の顧客は大英帝国のヴィクトリア女王、金融王ロスチャイルド家など、世界の歴史を彩るそうそうたる人物たち。現在も、造形から絵付けにいたるまで全てハンドメイドという伝統を守りつつ、一方で新しいモチーフを次々と生み出し、世界最高クラスの食器としての地位を守っている。

 ヘレンドの最大の魅力は、その細かなペイントワークであり、ヨーロッパ・東洋・イスラムと歴史的に交流のあったハンガリー独自の、東西の美を融合させた絵柄にあるだろう。カラフルなアジア風の花鳥風月を得意とし、中でも「シノワズリ」と呼ばれる中国の影響を受けたパターンは特に有名だ。カップの把手に使われる中国のお役人「マンダリン」など、遊び心にも満ちている。その他、日本の柿右衛門を写したといわれる「インドの華」や、ピンクのバラとグリーンのラインに高貴さの漂う「ウィーンのバラ」などもよく知られている。

 このヘレンド独特の東西融合の美とデザインは、漆塗りのお盆といった和のアイテムともしっくりとマッチする。当時、個人的に不思議な親近感を感じたのも、きっとこの東洋的な表現によるものだろう。食の日常を彩り、日本の豊かな食文化をも見事に彩ってくれる逸品、それがヘレンドである。

HEREND(ヘレンド)HEREND(ヘレンド)
Chinoiserie
ヘレンドの中でも人気の高い、中国の花鳥風月や吉祥をモチーフに造られる「シノワズリ」シリーズ。高台に繊細な透かし彫りを施すほか、ユニークなマンダリンの把手など遊び心が溢れる。
[ラージカップ&ソーサー]
「西安の黄」 容量:約200ml 価格:94,500円
「西安の黒」 容量:約200ml 価格:110,250円
HEREND(ヘレンド)HEREND(ヘレンド)
Wonder Park
独特の文様が特徴的なワンダーパークシリーズ。今年はうさぎ年とあって、人気の高い商品。このほか干支のコレクティブルシリーズでもチャーミングなウサギが用意されている。
「ウサギL」
高さ:約30㎝ 価格:各241,500円

Victoria Bouquet
カラフルな図柄で人気の高い「ヴィクトリア・ブーケ」シリーズのケーキプレート。1851年にロンドンで開かれた第1 回万国博覧会の際、ヴィクトリア女王により買い上げられヘレンドの名を一躍有名にしたシリーズ。中国磁器の牡丹の花と蝶を取り入れたエキゾチックな絵柄が特徴。
「ヴィクトリア・ブーケ 丸ケーキプレート」
直径:約29cm 価格:49,350円
INQUIRIES

クラブ ヘレンド ジャパン本店
昨年10 月に東京・青山の青山ツインタワーに移転オープンしたヘレンドのショップ「クラブ ヘレンド ジャパン本店」。主なヘレンド製品をラインナップしているほか、本店でしか取り扱っていない希少な製品やカトラリーやグラスなどテーブルウエア類も扱う。
東京都港区南青山1-1-1 新青山ビル(青山ツインタワービル)東館1F
TEL:03-3475-0877
営業日:11 時~ 19 時 日祝日定休
HP: www.herend.co.jp

1月24日発行のPAVONE本誌「受け継がれる逸品」 (P56~57)ヘレンド記事につきまして、以下の誤りがありました。
読者および関係者のみなさまにお詫びをするとともに、下記の通り訂正 させていただきます。

P56 本文記事上段15行目/(誤)陶磁器→(正)磁器
P56 本文記事下段13行目/(誤)唐人人形→(正)中国のお役人
P57 キャプション上段左/(誤)Apponyi Verte→(正)Apponyi Vert
P57 キャプション上段左/(誤)オリエンタルポット 価格 28,350円→(正)オリエンタルポット マンダリン 価格 31,500円
P57 キャプション中段右/(誤)直径:約27cm→(正)直径:約 29cm
P57 キャプション中段右/(製品名追加)ラージカップ&ソーサー
P57 Information/(誤)クラブヘレンドジャパン→(正)クラブ ヘレンド ジャパン本店