PAVONE PRESENT
PAVONE SELECTION
新着記事 カテゴリー 新着記事

名門茶家に学ぶ紅葉狩り茶会 - アメリカン・エキスプレス(イベントリポート)

アメリカン・エキスプレス イベントリポート

庭の木々が紅く色づいた深秋の一日。非公開の茶道会館で、風雅な紅葉狩り茶会が催されました。アメリカン・エキスプレスの女性カード会員から成る“クラブ エッセンシア”がお送りする特別なひとときをリポートします。

関連記事:1枚のカードがもたらす感動体験 - アメリカン・エキスプレス

非公開の茶道会館にて 名門茶家に学ぶ紅葉狩り茶会


(右上から時計まわりに)茶道会館。1棟の中に、大広間、小間、立礼席など各々違った茶室が作られている。/季節や茶会のテーマを汲んで選ばれた器。/女性能管師 野中久美子さん。/水指はフランスで見つけたワインクーラー。ほかに中国の七宝焼、トルコの建水なども用い、世界中から集めた道具で茶会の世界観を創っている。/晴れ渡った秋空の下、美しく紅葉したもみじ。

 昭和25年に建てられた茶道会館は、茶の湯の名門 北見家が、戦後の荒廃した人々の心に落ち着きを見出すため、茶道を普及する理想をもって建築した茶道の道場です。美しい数寄屋造りの建物の傍らには約千坪の美しい庭が広がり、都心とは思えない静寂な空気を湛えています。
お茶会は、北見宗峰氏のおもてなしにより、和室に椅子と卓を用いる立礼(りゅうれい)という形式で行われました。主菓子や薄茶のいただき方はもちろん、和室での作法やまわりの方への配慮、女性らしい仕草といった、日常のなかで役立つこともさり気なく教えてくださいました。また、床の間に誂えた和歌や生け花からも、日本人の美意識や温かいもてなしの心を学びます。
茶会のあとに催されたのは、能管奏者 野中久美子さんによる笛の演奏。遠く、深く響き渡る笛の音と、燃え立つように紅葉した庭園の風景が溶けあい、人々をしばし幽玄の世界へと誘いました。
古き良き格式ある空間のなかで、日本の伝統に触れ、美しい風習や自然を体験する貴重なひとときは、日ごろ忘れかけていた感謝の心や、美しいものを愛でる心を思い出させてくれる、実りの多いものとなりました。

CLUB Essencia

クラブ エッセンシアは、アメリカン・エキスプレスの女性カード会員のための登録費無料の会員制クラブです。メンバー限定の特別なイベントやさまざまなジャンルの優待特典をお届けしています。


INQUIRIES

アメリカン・エキスプレス・インターナショナル, Inc.
東京都杉並区荻窪4-30-16
www.americanexpress.co.jp