PAVONE PRESENT
PAVONE SELECTION
新着記事 カテゴリー 新着記事

湯宿厳選 - 熱海・箱根のとっておきの宿

ATAMI 海峯楼 - 相模湾の絶景を独占するという贅沢

ATAMI 海峯楼
ラグジュアリースイート「風科」は最高天井高7mの開放感にあふれる空間。風に揺れるバルコニーの水が陽光を受けて煌めき、天井に反射する様子は、まるでアート作品のよう。

高台の上に佇む「ATAMI 海峯楼」では、立地の特徴を最大限に活かした隈研吾氏の設計による空間から、眼下に広がる絶景を堪能したい。

 まるで太平洋の大海原の上に立っているかのように錯覚する。ここは「ウォーターバルコニー」と呼ばれる、このホテルを象徴する場所。隈研吾氏設計による四方がガラスに囲まれた空間は、はるか眼下に広がる相模湾がバルコニー一面に張られた水と一体化するように設計され、想像を絶するパノラマビューを体験できる。
「ATAMI 海峯楼」が熱海に誕生したのは2010年のこと。以来、知る人ぞ知る東京近郊のハイダウェイとして、その存在を知った幸運な人たちの特別な宿として愛されてきた。
ゲストルームはわずか4室。どれも隈研吾氏のデザインによる異なる趣きで、部屋に滞在する喜びを余すことなく与えてくれる。
なかでもウォーターバルコニーの隣りに佇む2つのラグジュアリースイートは傑出した存在である。その一つ、「誠波(せいは)」は年間を通じて、稼働率が限りなく100%に近くなる人気の部屋だ。部屋の海側には壁一面に大きな窓が続き、リビングにいてもベッドルームにいても、大迫力の眺望は常に隣り合わせとなる。朝、目覚めと同時に目の前に飛び込んでくる朝日が海に煌めく様は、言葉にならないほどに美しい。
もう一つの「風科(ふうか)」は、一日の終わりに眺望の美しさのクライマックスを迎える部屋。南向きに広がる部屋の窓からは、熱海城が鎮座する山にゆっくりと夕日が沈み行く様を望むことができる。熱海市街地の夜景も眼下に広がり、年に10回ほど開催される熱海恒例の花火大会の時には特等席になるのだ。
わずか4室というスモールラグジュアリーな空間だからこそ、海峯楼では"全館貸し切り"という贅沢なリクエストにも叶えてくれる。これから年末年始にかけて、特別な人と特別な場所でパーティーを予定している人には、これ以上の空間を見つけることは難しいかもしれない。

ATAMI 海峯楼ATAMI 海峯楼
ATAMI 海峯楼ATAMI 海峯楼
上左/眼下に広がる相模湾まで、目の前を遮るものは何もない。たまに頭を覗かす木々の緑は、あたかも海に浮かぶ島のように見える。ラグジュアリースイート「誠波」にて。
上右/美術作品との触れ合いも海峯楼の魅力のひとつ。ダイニングスペースには千住博氏の日本画「ウォーターフォール」やガラスアート作家、狩野智宏氏の作品がさり気なく飾られる。
下左/大広間「楽精」は狩野派の大家、故徳力富吉郎氏の描いた金襖に囲まれる。上質な空間は特別な人との食事を楽しむものにまさに相応しい。
下右/各部屋にはビューバスや内風呂が備わるが、大風呂も貸し切って利用することができる。大窓を開くことで露天になるユニークな風呂で、のんびりプライベートな時間を堪能したい。

ATAMI 海峯楼
静岡県熱海市春日町8-33
TEL 0557-86-5050
http://www.atamikaihourou.jp/

熱海 ふふ - 風格漂う熱海随一の癒しの空間

熱海 ふふ
寒桜の大木に見守られるテラスに吊されたハンモックがアイコンのラグジュアリースイート「雅」。リゾート気分を盛り上げるハンモックに揺られ、何もしないで時を過ごす贅沢を体感したい。もちろん部屋には源泉掛け流しの露天風呂も備わる。

都心からわずか1時間あまり。熱海の魅力を世に再提案したラグジュアリーホテルで、週末の非日常体験をしたい。

 海峯楼から車でおよそ8分。海峯楼が熱海の海を堪能できる隠れ家ならば、「熱海 ふふ」は熱海の山の中に突如姿を現した開放的なリゾートというイメージ。日本の旅館と欧米のホテルの良いところを融合させるという斬新なコンセプトを打ち立て、2007年にオープンして以来、熱海での宿泊のスタイルにいち早く新しい潮流を引き起こしてきた。
熱海 ふふでの滞在の楽しみは、まず、部屋の選択から始まる。全24室それぞれが独自のデザインでしつらえ、宿泊の度に新たな発見と出会えるわけだ。例えばラグジュアリースイートの「雅(うるわし)」は、木材のやさしい風合いに包まれた落ち着きある空間。バリアフリーで誰でも快適に過ごせるように設計されているので、年配の方でも安心して滞在できるのが嬉しい。
コンフォートスイートの「希(はるか)」は大理石が壁の随所に配され、モダンな印象が際立つ。窓の外には手の届きそうなほどに豊かな竹林が広がり、部屋の中は心地良い木々の香りに満たされている。全室に共通する源泉掛け流しの露天風呂にゆったりと浸って、寛ぎのひと時を過ごしたい。
熱海 ふふでは食事も秀逸だ。レストラン「夢音(ゆめおと)」では鉄板焼きをはじめ、川畑文徳料理長による旬の食材を吟味した日本料理を堪能できる。その料理は地元の新鮮な魚介類を中心にひと手間かけ、創作料理ではないが驚きに満ちたアレンジでゲストを楽しませてくれる。中川一辺陶氏による信楽焼の器で供される美しい盛りつけとともに、熱海ならではの季節の味覚を堪能したい。
ラグジュアリーな空間で満喫する、温かな温泉と地元の新鮮な料理という旅の醍醐味。都心からわずか1時間というリゾートで、贅沢な週末を過ごしてはいかがだろう。

熱海 ふふ熱海 ふふ
熱海 ふふ熱海 ふふ
上左/ラグジュアリースイート「雅」の室内は、木目の風合いをいかしたシックな大人の装いにまとめられる。
上右/窓の外に広がる竹林が、コンフォートスイート「希」の室内を彩るアクセントになっている。
下左/食事は旬の味覚を月替わりの献立で堪能できる。和モダンな空間のレストランには、個室または半個室が備わるほか、それぞれの客室でも食事をいただくことができる。
下右/エステサロンではフランスの高級コスメブランド「シスレー」によるトリートメントスパメニューを用意。極上のリラクゼーションで至福の時へと誘う。

熱海 ふふ
静岡県熱海市水口町11-48
TEL 0557-86-3646
http://www.atamifufu.jp/

箱根・翠松園 - 風そよぎ歴史薫る箱根の奥座敷

箱根・翠松園
エントランスは純和風なつくりで清楚な佇まい。しかし、園内に一歩足を踏み入れると、モダンなスタイルにまとめられたロビーに迎えられる。到着早々、誰もがその美しいコントラストに驚かされる。

舞台は熱海から日本一の湯処、箱根へ。
箱根十七湯のひとつ、小涌谷温泉のラグジュアリー旅館は、風格ある佇まいでゲストを迎える。

 明治天皇の行幸をきっかけに、温泉地として注目されるようになった小涌谷温泉。由緒正しき土地には、各界の名士たちの別邸となった和風建造物が多々残り、往時の華やぎを今に伝えている。
「箱根・翠松園」は、この小涌谷に残る貴重な歴史的建造物の一つ、旧三井財閥の三井高達別邸を中心に据えるラグジュアリー旅館。開業より5年を迎え、箱根での存在感はますます強まり、本物だけが醸す風格さえ漂わせている。
約3000坪の起伏に富んだ広大な敷地には、「竹の塔」や「紅の塔」と名付けられた6棟の建物が配される。それぞれの建物からは青竹や紅葉など四季折々の自然をたたえた中庭を望み、仰ぎ見れば箱根連山の雄大な姿が目に飛び込んでくる。箱根の自然美を借景にした恵まれた舞台が、ここでの滞在に華を添えるのである。
全23室の客室はすべてがゆとりの広さをもったスイートルーム。全室に自家源泉掛け流しの露天風呂が備わるのも嬉しい限り。快適な眠りにもこだわり、ベッドにはシモンズ社製とシーリー社製の特注サイズをわざわざ取り寄せた。
滞在のクライマックスとなるのは、国登録有形文化財「翠松園」内のメインダイニング「紅葉(もみじ)」での食事だろう。シェフとの会話を楽しめるカウンターでの鉄板料理か、旬の食材をふんだんに生かした懐石料理かは、気分に合わせて選択したい。どの品も素材の旨味が見事に引き出され、詫び・寂びをテーマに料理長自ら選んだ器が、美しい料理をいっそう引き立てる。窓の外では樹齢300年を超える紅葉がライトアップされ、その幻想的な光景の中でいただく食事は格別だ。
土地の深い歴史に抱かれ、温泉に浸かり、スパに癒され、極上の料理に舌鼓を打つ。何事にもかえられない満ち足りた時間を、箱根・翠松園で是非、堪能したい。

箱根・翠松園箱根・翠松園
箱根・翠松園箱根・翠松園
上左/すべての客室に露天風呂が備わるのが箱根・翠松園の魅力。写真はラグジュアリースイートメゾネットキングダブル「篠しの」にある客室露天風呂。木々の緑を目の前にした入浴に、身体の芯から癒されるのを実感する。
上右/スパでは世界を代表する高級コスメブランド「シスレー」製品の効果を余すところなく体験できる。究極のリラクゼーションがもたらす至福の時を満喫したい。
下左/国登録有形文化財の翠松園は旧三井家の別邸だった貴重な建物。往時の華やぎを想像しながら、料理長が腕によりをかけてつくった料理を堪能したい。
下右/翠松園にはBAR「伊いと都」も併設。厳選されたワインリストや一点物の銘酒などを取り揃える。

箱根・翠松園
神奈川県足柄下郡箱根町小涌谷519-9
TEL 0460-86-0852
http://www.hakonesuishoen.jp/