PAVONE PRESENT
PAVONE SELECTION
新着記事 カテゴリー 新着記事

優美なる都市の魅力を感じる旅(トロント)

カナダ・オンタリオ州、優美なる都市の魅力を感じる旅 - トロント

オンタリオ湖を望む大都市、トロント。
湖を挟んでアメリカ合衆国と接し、豊かな自然とユニークな建築物、そして、人々の笑顔が街を彩る。
街の空気はゆったりと流れ、訪れる人たちみなを優しく迎え入れる。
そんなトロントを中心にカナダ・オンタリオ州へ、暮らすように過ごす旅への誘い。

Outline in Toronto - 様々な個性が心地よく共存する人種のモザイク、トロント
Neighborhood in Toronto - 斬新な街と同居する歴史を受け継ぐ邸宅街
Residence in Toronto - トロントで暮らす

Outline in Toronto - 様々な個性が心地よく共存する人種のモザイク、トロント

グリークタウン
エリアによって街の雰囲気が変わる。グリークタウンではギリシャ料理を堪能したい。

 オンタリオ湖越しに望む街の光景は、近未来都市のように見える。五大湖のひとつ、オンタリオ湖に接するカナダ最大の都市、トロント。オンタリオ州の州都は500万以上の人口を抱え、カナダ経済の中心を担う大都市である。
古くから英国王党派やアイルランド人、ドイツ人やイタリア人など、多くの移民を受け入れてきた歴史から、現在でも様々な国籍の人々が集まる多民族都市として成り立っている。それぞれの移民たちがお互いの文化や伝統を尊重し、共存するスタイルは「人種のモザイク」と例えられ、「人種の坩堝」と表現されるニューヨークとは一線を画している。
多民族都市を象徴するように、街にはチャイナタウンやリトルイタリー、グリークタウンやコリアンタウンなどのエスニックタウンが点在する。その活気を呈している様子は、他文化を尊重するトロントならではの光景。ひとつの都市にいながらにして、各々の伝統がそのままに残った個性溢れるエリアを楽しむことができるのは、まさにトロントの魅力であろう。
庶民的な街が点在する一方、高層ビルが林立するスカイラインもトロントを代表する光景となっている。なかでもCNタワーはトロントのランドマーク的な存在としてひと際目を引く。553.33mの高さは1975年の建設当時から32年間に渡って世界一を誇り、展望台からは息を飲むほどの絶景が広がる。
また、トロントは世界に名だたる建築家による傑作が多く存在することでも知られ、その芸術的な建築物が訪れた人たちの目を楽しませてくれる。例えば、ダニエル・レベスキンドによって増築されたロイヤル・オンタリオ博物館は、20世紀初頭の貴重な歴史的建造物に、直線的で斬新なデザインの建物が斜めに突き刺さるように設計されている。新旧の建造物が見事に融合し、現在のトロントの街自体を表現しているようでもある。
一方、トロント出身の建築家、フランク・ゲーリーが2007年にカナダで初めて設計したオンタリオ美術館も、すでに新たなトロントの象徴となっている。ビルバオ・グッゲンハイム美術館の設計で知られる建築家の作品は、ここでも曲線が随所に生かされ、三角形の壁面が躍動感をもってうねっている。その様子は現代社会のエネルギーを発するようでもあり、活気溢れるトロントの街にしっくりと溶け込んでいる。
新しいものと古いものが違和感なく共存する様子は、人種のモザイクとしての歴史を育んできたトロントがトロントたる所以。他人を尊重して受け入れる懐の深さは、世界中から旅人や新たな住民が憧れの地として集まる理由なのかもしれない。

ロイヤル・オンタリオ博物館オンタリオ美術館
/ダニエル・レベスキンドによって増築部分を設計されたロイヤル・オンタリオ博物館。
/フランク・ゲーリーによって設計されたオンタリオ美術館。建物自体がひとつの美術作品のよう。

Neighborhood in Toronto - 斬新な街と同居する歴史を受け継ぐ邸宅街

ローズデール

 ダウンタウンを少し離れると、高層ビルやモダンな建築物などが際立つ街から、しっとりとした空気が漂う落ち着いた邸宅街が現れてくる。森のなかに迷い込んだかのような豊かな葉をたたえた木々の間からは、ビクトリア調の重厚で瀟洒な邸宅が顔をのぞかせ、そこが特別なエリアであることを気付かせてくれる。
トロント周辺には世界でも有数の高級邸宅街が存在し、限られた人がその恵まれた環境を享受しながら優雅な暮らしを営んできた。ダウンタウンからわずかに北へ向かったローズデールはトロントを代表する高級邸宅街のひとつである。
ローズデールはトロントでももっとも古い邸宅街として知られ、カナダでトップクラスの裕福な人や著名人が暮らしている。古くから残る歴史的な邸宅街ということもあり、特に伝統と格式を大切にするオールドマネー(先祖代々裕福な人々)に愛されてきたのだ。

ローズデール
長い歴史を感じさせるビクトリア調の邸宅が豊かな木々に囲まれるように構えている。ローズデールはトロントの中心部からすぐとは信じられないほどに静かで、小鳥の鳴き声だけが心地よく響く。

 豊かな緑に囲まれたローズデール・ムーアー公園内に位置する邸宅街は南北に分かれ、それぞれに独特の歴史を育んできた。南ローズデールは1820年代にシェリフ・ウィリアムズ・ジャービスとその妻であるメアリーによって住居とされたことを始まりとする。この夫婦の敷地内にはたくさんの野バラが咲き誇っていたことから、ローズデールという名前が付けられたという。自然と触れ合うことを好んだ妻のメアリーは、常日頃、敷地内を散歩したり、趣味の乗馬を楽しんだといい、その道は現在、遊歩道としてこのエリアのトレードマークとして残っている。1864年にジャービス一族がこの地をディベロッパーに手渡すと、邸宅街として瞬く間に発展することとなった。
一方、北ローズデールは、1901年に公園を抜ける道路の上に橋が架かったことをきっかけに発展していくことになる。邸宅街としての発展と前後するように、19世紀後半から20世紀初めにかけてはセント・アンドリュース大学が置かれ、歴史ある全寮制学校には国中から資産家や著名人の子息が暮らした。また敷地内には名門ゴルフクラブも置かれ、その土地ではラクロスの歴史上重要な大会も開かれたという。
ローズデールはトロントの中心部分に佇むにもかかわらず、都会の喧騒を無縁に感じるのは、豊かな自然が敷地内に広がり、外部からの雑音を遮断しているからに他ならない。また、邸宅街のなかの曲がりくねるように敷かれた道は当時のままの姿を残し、その地形が外部からの車の進入を少なくしているという。
ビクトリア調の瀟洒な邸宅が昔ながらの姿でゆったりと佇み、街並も変わることなく守られてきた。土地に対する誇りと愛情がカナダを代表する高級邸宅街としてのステイタスをいつまでも保ってきたのかもしれない。

Residence in Toronto - トロントで暮らす

Bridle Path
Bridle Path
HARVEY KALLES REAL ESTATE
TEL 416-441-2888
http://harveykalles.com

トロントの歴史的地区に佇む邸宅 (左)

 ローズデールの北にあるブライドルパスは、ドン川の渓谷に囲まれた高級邸宅街。1929 年頃からケープコッド・コロニアル調の邸宅が建てられ、邸宅街として注目を集めるようになった。現在残る邸宅の多くは、1930 年代、1950 年代、1960 年代に建てられたもので、ジョージアン調やコロニアル調、ネオゴシック調など様々なスタイルが混じる。また、比較的若くして財を成した住民が多く暮らすことから、モダンなスタイルの邸宅も目立つ。ここで紹介する邸宅は開放的な大きな窓と爽やかな白い壁が特徴で、部屋数は全部で25 にものぼる。このほか室内プールのほか体育館なども備える。敷地面積は約9,000㎡。販売価格9,888,000カナダドル。

Windsor Arms Hotel, Residence
Windsor Arms Hotel, Residence
HARVEY KALLES REAL ESTATE
TEL 416-441-2888
http://harveykalles.com

トロントでモダンに暮らす (右)

 トロントの中心部、高級ショッピングエリアとして知られるヨークビル近くに佇む、クラシックなホテル。1930年代の創業以来、半分をホテル、半分を住居用として利用してきた。ビクトリア調の建物はトロントを代表する歴史的建造物でもある。レジデンスは高い天井と窓からのパノラマビューを望み、エレガントな家具類が備わっている。重厚なフレンチスタイルのドアも印象的だ。敷地面積は約1,100㎡。販売価格4,350,000カナダドル。

Mint Yorkville, Condo
Mint Yorkville, Condo
MINTO YORKVILLE
http://www.mintoyorkville.com/

羨望の地での快適ライフ (左)

 セレブリティに人気の高級ホテルやスターレストランが連なるヨークビル・アヴェニュー沿いに建つコンド。家具やキッチンが付き、最低一週間からホテル代わりに利用できるとあり、撮影に訪れたハリウッドの映画関係者が多く利用する。1ベッドルームだが生活しやすい環境が整い、建物の1階には高級イタリア食材のデリもある。使用料1,000カナダドル/1week。

協力/オンタリオ州観光局(http://www.ontariotravel.jp/ http://www.ontariostyle.com
スーパーバイズ/澤田まゆみ
撮影/大橋マサヒロ