PAVONE PRESENT
PAVONE SELECTION
新着記事 カテゴリー 新着記事

蘇格蘭 美酒紀行

蘇格蘭 美酒紀行

スコットランドの首都エディンバラを出発し、列車は北へと駆ける。
スコッチを片手に車窓に目をやると、なだらかな丘の上では羊が草を食んでいた。
やがて険しい海岸線が続いたかと思うと、ふいに崖の上に古城が現れる──。
豪華列車ロイヤル・スコッツマンに揺られて往く、スコットランドの魅力が凝縮された贅沢な旅へとご案内する。

ロイヤル・スコッツマンで往く、優雅な列車旅

ロイヤル・スコッツマンで往く、優雅な列車旅

スコットランドの首都エディンバラ。これから乗車するロイヤル・スコッツマンへのチェックインは、ウエバリー駅に隣接するバルモラル・ホテルのラウンジで行う。コンシェルジュに列車に乗ることを告げると、受付への案内があり、大きなトランクはベルボーイが運んでくれる。2階の受付で既に日本に届いていた乗車票を渡すと、キャビン番号を教えてくれた。出発時刻まではまだ少し時間がある。ラウンジで英国式の紅茶をいただき、一息つく。
ロイヤル・スコッツマンをはじめ、世界の豪華列車やラグジュアリートラベラーたちが憧れるイタリア・べニスの伝説的ホテル、チプリアーニやミャンマーのイラワジ川のリバークルーズなどを運営するのはオリエント・エクスプレスである。かつてはロンドン・パリからアジアの玄関口、トルコのイスタンブールまで、貴族や、かの有名な作家アガサ・クリスティといった著名人がこぞって利用した、優雅でラグジュアリーな列車旅を提供していたのがオリエント・エクスプレスという列車だ。当時は時間をかけてゆったりと各地を巡る列車の旅が上流階級に好まれ、列車内は彼らの社交の場でもあった。その雰囲気をそのまま現代に蘇らせたのだから、快適な旅が味わえるロイヤル・スコッツマンで往く、優雅な列車旅のは間違いない。
プラットフォームには赤い絨毯が敷かれ、スコットランド紳士がバグパイプの音色で我々ゲストを出迎えてくれた。車内に足を踏み入れると、かつて見た映画、もしくは小説で読んだあの「オリエント・エクスプレス」の世界に招き入れられたかのような錯覚を覚える。まずはウエルカムシャンパンとカナッペが用意された展望車へ案内される。ゲスト同士初めて顔を合わせるはずだが、すでにグラス片手に自己紹介や談笑がはじまっている。時代は変わっても、列車の旅というものは動く社交場なのだということを改めて気付かされる。ロイヤル・スコッツマンは、単に目的地へ向かう移動手段としての乗り物ではなく、列車自体が目的であり、旅なのだ。

ロイヤル・スコッツマンで往く、優雅な列車旅ロイヤル・スコッツマンで往く、優雅な列車旅

スコットランドの正装であるキルトを身に纏う紳士。

英国本土の人たちも憧れるスコットランドの原風景が車窓を流れる。

ロイヤル・スコッツマンで往く、優雅な列車旅ロイヤル・スコッツマンで往く、優雅な列車旅

展望デッキからの眺め。レールの先にあるのは丘と雲だけだ。

見事な寄木細工で装飾されたキャビン。エアコンやヘアドライヤーのほか、呼び出しボタンも完備されている。夜は駅や線路の脇に停車するため、ゆったりとした気分で眠れるのがうれしい。

古き良き時代がよみがえる、華やかな時間

バグパイプの音色を合図に、列車はゆっくりとウエバリー駅を発車した。この列車には運行を管理するトレインマネージャーや、24時間可能な限りゲストの要望をきいてくれるスチュワードが同乗し、最高の休日を演出してくれる。
スチュワードのエスコートでキャビンへ入ると、かつての上流階級の旅を想わせる内装に思わずため息が漏れた。ベッドやクッションカバーにはスコットランドの伝統柄であるタータンチェックが使われ、窓際には十分な大きさのデスクまである。何日でも、何週間でもこのまま旅していたいと思わせる、心地よい空気が漂っている。
展望車では、ひんやりとした風を肌で感じながら、スコッチウイスキーのグラスを傾けて過ごす。ここでは昼はカジュアルな服装で景色を楽しみ、バーに変わる夜は、皆ドレスアップして集う。夕食後には地元のミュージシャンや民話の語り部による催しを楽しみながら夜を過ごす。
顔なじみになったバーのスタッフは、ゲストの酒の好みまで把握してくれている。スタッフのひとりに尋ねてみた。「君のお気に入りのスコッチは何?」。彼は少し考えて、「スコッチウイスキーは同じブランドでもボトルの年数で味が違うし、どんな気分で、いつ誰と飲むのかでも変わってくるのでベストというものはないですね」と教えてくれた。なるほど、スコッチウイスキーはそれくらい繊細で深いものなのだ。今宵、彼は列車が停車している地域の地元ウイスキーを勧めてくれた。ふくよかな樽の香りと、いつまでも続く余韻を味わいながら、その地で育まれた酒を頂く――最高の旅ではないか。
旅の途中、スコットランド人から教えてもらった諺がある。彼の祖父から伝えられたものらしいが「Whenyou drink whisky, without water. Nowater without whisky.」という諺だ。要するにスコッチウイスキーは飲み過ぎるな、ということらしいが、それでも止められないのがスコッチウイスキーの魅力ということなのだろう。
食事の時間が近づくと、食堂車へと向かう。専任シェフによる地元の食材を使った料理はすばらしく、世界の一流ホテルの食事と比べても遜色ない。朝は焼きたてのクロワッサンやバケットに好みの玉子料理をいただく。午後は地元産のベリーをふんだんに使ったスコーンやケーキで、優雅なアフタヌーンティーを演出。そしてディナーは、季節の野菜の前菜にはじまり、上質のラムや魚などのフルコースだ。食堂車の脇の、決して十分な広さがあるとは思えないキッチンから出てくる、目で、舌で感動させるシェフの仕事ぶりは、魔法としか表現できない。

古き良き時代がよみがえる、華やかな時間 古き良き時代がよみがえる、華やかな時間 古き良き時代がよみがえる、華やかな時間

ディナーはフォーマルおよびインフォーマルが隔日で楽しめる。フォーマルなディナーでは、男性はタキシードやスコットランドの伝統的な正装であるキルトを、女性はカクテルドレスを着用。メニューは季節によって変わり、鴨や鹿などの猟肉、名物のシーフードなど、スコットランドの自然の 恵みがふんだんに取り入れられている。

地平線から朝日が昇るころ、列車は静かに走り出す。


THE ROYAL SCOTSMAN
日本でのお問い合わせ:オリエント・エクスプレス
TEL:03-3265-1200