PAVONE PRESENT
PAVONE SELECTION
新着記事 カテゴリー 新着記事

至高のポーセリンアート・ブランド、リヤドロの大躍進

「リヤドロベル・ドゥ・ニュイ-シャンデリア40」
サイズはH125×W100×D100cm。 真ちゅう(塗装)/磁器。ゴールド・カラー。 394万2000円。
お問い合わせ:リヤドロ ブティック大阪 ヒルトンプラザ店  TEL:06-6344-8177

至高のポーセリンアート・ブランド、リヤドロの大躍進

スペインが世界に誇るラグジュアリー・ポーセリンアートブランドそんなリヤドロが伝統を継承しながら次ステージへと飛翔を始めた。
銀座に続き大阪にも直営ブティックをオープンさせ世界観を共有する時計の正規品専門店にも販売チャンネルを広げている。
そこで今年日本でも発表されたシャンデリア「ベル・ドゥ・ニュイ」をはじめ、フランス人アーティストのロリートや国内外で活躍するGLAMOROUS co., ltd.のデザイナーである森田恭通とのコラボレート作品、その発表パーティの様子などを紹介する。
リヤドロが熱い。リヤドロからいま、目を離すことができない!

美意識、ポーセリン素材、高い技術力 リヤドロがシャンデリアの世界観を広げた

磁器はその昔、白い黄金と呼ばれ、王侯貴族に珍重された。そして現代、ラグジュアリー・ポーセリンアートブランド(高級磁器芸術ブランド)の最高峰といえばスペインのリヤドロだ。
ブランド哲学の根底をなすのは、3つの「Timeless Values〈普遍(不変)的価値〉」(1.ポーセリンという素材のもつ価値、2.自由造詣をアートに昇華させるハンドクラフトアーティストたちの価値、3.ユニバーサルで不変的なテーマの持つ価値)。こうしたフィロソフィと飽くなき技術探求の結晶である作品は、世界中の多くの人々から愛され、創業から今年で61年という短期間にもかかわらず、約120カ国に及ぶ国々で展開するポーセリンアートのトップブランドへと成長した。創業者一族によるファミリー経営を貫き、デザインから焼成、完成に至るまでをヴァレンシア郊外にあるアトリエで自社一貫生産している。
2006年にはスペインの若手アーティストでデザイナーのハイメ・アジョンをブランドのアートアドバイザーに迎え、「リヤドロ・アトリエ」をスタート。より現代的な「The Guest」シリーズの発表により注目を集め、今春にはポール・スミスとのコラボレート作品が世界のファッション界にも激震を与えた。同時期に日本でも、リヤドロが提案する新しいライティングシリーズ、ご覧のシャンデリアの「ベル・ドゥ・ニュイ」がお披露目され、IDC大塚家具やトーヨーキッチンスタイル東京で矢継ぎ早に展開された。
磁器の温かさに加え、リヤドロならではの絶妙な色彩が魅力の「ベル・ドゥ・ニュイ 」コレクションが、シャンデリアという既成概念を打破。照明の可能性を広げている。ランプシェードに施された透かし彫りの技工もハイレベル。リヤドロならではの超絶技巧である。気になる人はぜひ、至近から実物を見ることをお勧めしたい。

LLADRÓ×GLAMOROUS co.,ltd. YASUMICHI MORITA Life is Flower

レセプションパーティには森田恭通・大地真央夫妻も出席

リヤドロと、森田恭通氏との初のコラボレーション作品「Life is Flower」の発表を記念して、2014年6月12日夜、東京アメリカンクラブで発表パーティーが開催された。
この催しには森田恭通・大地真央ご夫妻、スペイン本社からロサ・リヤドロ社長、リヤドロジャパン麦野豪代表取締役 兼CEOが出席。関係各社の代表や本誌読者からも熱烈なリヤドロ愛好家、ドン小西氏、ファッション誌等で活躍するトップモデルら著名人も多数駆けつけた。
森田氏との初のコラボレーション作品となる「Life is Flower」は、生命の息吹がテーマ。神秘的で力強い不変の美を、ラグジュアリー・ポーセリンアートのトップブランドであるリヤドロが、長年培ってきた技術と叡智により無数の花とスカルで表現した。花弁の一枚までがすべて、スペインにあるアトリエでハンドクレセプションパーティには森田恭通・大地真央夫妻も出席ラフトにより作られる。「花に美しい夢や輝かしい希望に満ちた幸福な未来を重ねることにより、世界中の人に幸せな日々が紡がれ、広がっていくように」という森田氏の願いも込められている。
また、麦野氏は、「本作品を通じて森田氏は、リヤドロに新しい可能性をもたらしてくれるであろうという期待に、見事に応えてくださいました」と述べた。

LLADRÓ×GLAMOROUS co.,ltd. YASUMICHI MORITA Life is FlowerLLADRÓ×GLAMOROUS co.,ltd. YASUMICHI MORITA Life is Flower

LLADRÓ × GLAMOROUS co.,ltd.
YASUMICHI MORITA Life is Flower

ドレスコードは「フラワー」だった。

ISHIDA 表参道でリヤドロの取り扱いを開始

THE GUEST BY ROLITO ISHIDA表参道
ISHIDA表参道でのパーティには約600名が参加。希望者にはリヤドロのスペシャルネイルアートも施された

Life is Flowerの発表会翌日の2014年6月13日夜、リヤドロは、ハイメ・アジョン氏が創ったオリジナル・キャラクターである「The Guest 」シリーズ新作「The Guest by Rolito」の国内初披露を行った。会場は、今春にリヤドロのショップ・イン・ショップをスタートさせた「ISHIDA表参道」。世界最大規模のラルフローレンブティック地階にある名門時計店。
デザイナーのロリート氏 がフランスより来日して出席。同店を経営するベスト販売の石田憲孝代表取締役社長、ロサ・リヤドロスペイン本社社長、麦野豪氏らがゲストを迎え、世界で最初のシャンパーニュ・メゾン、ルイナールの限定パッケージ「ルイナール ブラン・ド・ブラン」がふるまわれた。各界で活躍するスペシャリスト、一流モデル、大御所ミュージシャンであるアントニオ古賀氏、デヴィ・スカルノ夫人、ドン小西氏ら著名人をはじめ、約600人が駆けつけ熱い催しとなった。
当日は発表作品にちなみ、ドレスコードはボーダーであり、参加者たちはゴールドカラーのアイマスクを装着した。お披露目された作品は、ロリートの息子レオナール・キタロが夢に見る夜のスーパーヒーローから発想を得たもの。魔法のパジャマを着てピカピカ光る脚をもつスーパーヒーローは、相棒と一緒に、眠る子供を守り、夢を明るくするという。
「ISHIDA表参道には、本作を含むハイメ・アジョン氏が創ったオリジナル・キャラクターであるリヤドロのThe Guestシリーズをはじめ、シャンデリアやホースコレクション、クラシックな作品までをラインナップします。豊かな暮らしを送り、人生を楽しむ時計のお客様とリヤドロファンには相通じるものがあります」などと石田氏は述べた。
なおヨーロッパ在住のキャラクターデザイナー、イラストレーター、アートディレクターであるロリート氏は、フランスの名門美術学校ボザールで学んだ後、先進的なマルチメディアアートスタジオにてウェブ制作などを通じてキャリアを重ねた。彼の最初のウェブサイト「ロリートランド」は、フラッシュを使った動きのあるデザインにより多くの国際的な賞を含む評価をもたらした。トーイデザインの世界でも「ロリートボーイ」の成功により国際的な評価が高まっている。

ISHIDA表参道ISHIDA表参道

左から麦野豪社長、アーティスト ロリート氏、ロサ・リヤドロスペイン本社社長、石田憲孝代表取締役社長

ISHIDA表参道 リヤドロ ショップ・イン・ショップ
東京都渋谷区神宮前4-25-15 B1F
Tel: 03-5785-3600

リヤドロブティック大阪ヒルトンプラザ店がグランドオープン

グローバル・ブティック・コンセプトに基づく第一号店が大阪に誕生した。

リヤドロブティック大阪ヒルトンプラザ店

リヤドロの革新、飛翔は止まることを知らない。東京・銀座に次ぐ2番目のリヤドロ・ブティックがこのほど、大阪にオープンした。場所はラグジュアリーブランドの集まる大阪・梅田のヒルトンプラザにあり、新しいデザインコンセプトで造られた店内では、フラッグシップ・シリーズのハイポーセリンやベル・ドゥ・ニュイの最新作を展開。クラシカルなシリーズも網羅され、さすがなラインナップだ。
2012 年12月にオープンし、ハイメ・アジョンが手がけたデザインがインテリア業界の話題をさらった、ニューヨークマディソン・アベニューのコンセプトショップをベースとするリヤドロブティック大阪 ヒルトンプラザ店は、まさにリヤドロの現在地を体現。"グローバル・ブティック・コンセプト"に基づく、第1号店だ。
グランドオープン初日である2014年6月17日には、スペイン本社からロサ・リヤドロ社長、リヤドロ・ジャパンの麦野豪社長も出席してリボンカット式典が華々しく行われた。
この式典を関西きっての財界人や愛好家でもある富裕層たちも見守り、リボンカット直後に入店し、リヤドロの世界観を満喫していた。

リヤドロブティック大阪ヒルトンプラザ店リヤドロブティック大阪ヒルトンプラザ店

リボンカットの式典には、プロゴルファーの竹村真琴選手(左から2番目)も出席した。

リボンカット直後に店内ではオープンを祝いセレモニーが行われた。

ゴルフの竹村真琴選手ら、著名人たちも出席した

リヤドロブティック大阪ヒルトンプラザ店

関西初となる直営ブティック「リヤドロブティック大阪 ヒルトンプラザ店」のグランドオープン当日夜、インターコンチネンタルホテル大阪ではオープニングパーティが大々的に開催された。人気アーティストであるバーバル氏のDJプレイで場内は大盛況となり、ロサ・リヤドロスペイン本社社長とリヤドロ愛好家たちがステージに上がり、ダンスを楽しむ一幕もあった。
冒頭の挨拶では麦野氏がロサ・リヤドロスペイン本社社長をエスコートして2人で壇上に立ち、「きょうは関西なので、漫才風に2人で挨拶することにしました」と軽快なジョークで会場を沸かせ、来場者たちにお礼の言葉を述べた。
プロゴルファーの竹村真琴選手や、自らもリヤドロファンというタレントの三船美佳さんの姿も見られ、関西の愛好家たちと懇親するといった夢のようなひと時だった。

リヤドロブティック大阪 ヒルトンプラザ店
大阪市北区梅田1-8-16 ヒルトンプラザイースト2F
Tel: 06-6344-8177

リヤドロ ショップ・イン・ショップがEYE EYE ISUZU 本店(高松市)にオープン

特別展示会には、ロサ・リヤドロスペイン社長も訪れた

日本最大級とされる時計の正規品専門店、アイアイイスズ本店(高松市)。ジュエリーやアイウェアも豊富な同店2Fのゴージャスかつエレガントな空間にこのほど、スペインが世界に誇るポーセリンアートブランド、リヤドロのショップ・イン・ショップがオープンした。
「Timeless Values」をブランドフィロソフィに掲げるリヤドロの作品は、世界中で高い評価を受けており、ロシア・サンクトペテルブルクのエルミタージュ美術館、ベルギー・ブリュッセルの王立美術歴史博物館など 名だたる美術館・博物館で常設展示または所蔵されている。こうしたリヤドロの世界観に感銘を受けた同店の飯間康行代表取締役社長が、大切にしてきた空間をリヤドロ・サロンとして、欧州の伝統工芸品である高級時計のユーザーとも価値観を共有すべくオープンに踏み切った。普段なかなか目にする機会がないリヤドロのシャンデリアも特別に展示。クラシックでモダンなリヤドロの世界を発信している。
こうした同店ではリヤドロ ショップ・イン・ショップのオープンを記念して2014年6月20日から2日間、高松市郊外にあるフランス料理シェフがプロデュースするリゾートホテル、オーベルジュ ドゥ オオイシで特別展示会を開催した。クラシック、モダン、ハイポーセリンごとに分けて3室を贅沢に使い、訪れた人たちはスペイン本社のロサ・リヤドロ社長、リヤドロ・ジャパンの麦野豪代表取締役 兼 CEOともゆっくり歓談した。

リヤドロブティック大阪ヒルトンプラザ店リヤドロブティック大阪ヒルトンプラザ店

EYE EYE ISUZU 本店 リヤドロ ショップ・イン・ショップの店内

左から麦野・飯間・ロサ社長、アイアイイスズでリヤドロを担当する飯間さん、飯間 夫人。オーベルジュ ドゥ オオイシでの特別展示会にて

EYE EYE ISUZU 本店 リヤドロショップ・イン・ショップ
香川県高松市多肥下町1523-1
Tel: 087-864-5225