PAVONE PRESENT
PAVONE SELECTION
新着記事 カテゴリー 新着記事

ロシアの至宝を語る / ゲザ・ハプスブルク大公

ロシアの至宝・ファベルジェを語る - ゲザ・ハプスブルク大公

ゲザ・ハプスブルク大公が偶然に出合った宝飾品は、ロシア皇帝の寵愛を受け、歴史の一時代に輝きを放った「ファベルジェ」だった。
かつてヨーロッパ中の王室を席巻したメゾンの芸術品は、大公をその世界に引き込むに十分の美しさを誇っていたのである。歴史の因縁か神の導きか、ファベルジェ研究の大家となった大公が、伝説として語り継がれる今はなきロシアのメゾンの歴史を振り返る。

Imperial Pelican Easter Egg

Imperial Pelican Easter Egg

1898年4月5日に3000ルーブルをかけてロシア皇帝ニコライ2世から母のマリア・フョードロブナに贈られたと考えられるイースターエッグ。1916 年までAnichkov 宮殿に所蔵された後、1917年に暫定政府によって保管のためにモスクワに移される。1930年にソビエト政府の命により売却され、1000 ルーブルでアーマンド・ハマー氏の手に渡る。1936年~1938年の間にリリアン・トーマズ・プラット氏の手に渡り、1947年、彼女が亡くなった際に、ヴァージニア美術館に寄贈され現在に至る。
帝国様式でエッグの本体に彫刻が施され、頂には白いエナメルによるペリカンが置かれる。エッグ本体のなかには8連のフレームが折り畳んで入り、それぞれのフレームには皇后が後援していた貴族の令嬢のための教育機関の絵が描かれている。

Signed Faberge, initials of workmaster
Michael Perchin, with dates 1797-1897, St. Petersburg assay mark before 1899, Height:4inches (13.3cm)
Virginia Museum of Fine Art, Richmond (Bequest of Lillian Thomas Pratt)
Made of red gold, diamonds, seed pearls, gray, pink and opalescent blue enamel, watercolor on ivory.
©2003 Virginia Museum of Fine Arts
Photo by Katherine Wetzel

ファベルジェとの出合い

 ローザンヌ大学の学長から、ジュネーブの湖のほとりに老夫婦が残した邸宅があり、そのなかにあるものを見に行きたいとの電話を受けました。1968年のことです。邸宅に足を踏み入れると、そこはかつてロシア皇室が所有していた宝で溢れていました。この老夫婦はフランスの外交官とその妻で、1926年からの4年間、ロシアの大使を務めていました。彼らは大使としての特権を使い、何百、何千というロシアの芸術品を持ち出していたのです。
発見されたのはとてもいい状況で保存されていた磁器や肖像画、銀食器の数々。そんななか、鍵がかかったままの大きな金庫があり、鍵屋を呼んで箱を開けると、セミプレシャスストーンがふんだんに使われている極小のオブジェが詰まっていました。さらに屋根裏部屋で小さな白い木の箱がいくつも見つかり、その箱は金庫のなかから出てきたオブジェがぴったりとフィットするのです。箱にはあるロシア語が書かれていました。後でクリスティーズの専門家に鑑定させると、それらはロシア皇室と深い関係を持っていたファベルジェだと分かりました。これが私とファベルジェの出合いです。

red enamel stamp boxsedan chairnephrite box 左/red enamel stamp box ※1
ゴールドとレッドエナメル、ダイヤモンド、そして真珠を用いたスタンプボックスのミニチュア。石炭バケツの形をしている。長さ約3.2cm。(By Faberge, workmaster Michael Perchin. St. Petersburg, circa 1895)
中/sedan chair ※1
二色のゴールドとピンクエナメルによる箱型椅子カゴのミニチュア。彩色はルイ16 世調で、窓ガラスには水晶、室内のラインと取っ手の部分には真珠層が用いられている。高さ約8.9cm。(By Faberge, workmaster Michael Perchin. St.Petersburg, circa 1900)
右/nephrite box ※1
ゴールドで縁取られたネフライトボックス。留め金と蝶番の部分にはルビーが用いられている。長さ約8.4cm。(By Faberge, workmaster Henrik Wigstrom. St. Petersburg, 1908-1917)

ロシアから各国の王室へ贈り物としてのファベルジェ

 ファベルジェと呼ばれる宝飾様式もしくはメゾンの名は、宝石商であるカール・ファベルジェの名前によります。彼は1846年に生まれ、1872年よりファベルジェの宝石商として手腕を発揮し始めます。1885年にはロシア皇室のための宝石商という名をいただき、皇帝からの厚い庇護のもと発展してきました。
ファベルジェがロシア皇室に受け入れられた理由の一つは、その哲学に基づいた作品作りにあります。すべて手作りで世界に二つとなく、そして斬新で高貴な作品だったのです。ファベルジェにとって、身の回りの物すべてが作品のモチーフであり、ほかの宝石屋が作らないような宝飾物を次々と世に送り出しました。また、カールの優れたビジネスセンスも手伝い、ロシア皇室から他国の王室への贈り物として好まれるようになったのです。
現在、世界で最も多くのファベルジェを所有しているのは英国王室だと言われ、その数は750にも及びます。これらの多くは英国王エドワード7世とその妻、王妃アレクサンドラによって集められました。アレクサンドラはロシア皇帝アレクサンドル3世の妻、マリア・フェードロヴナと姉妹だったため、ロシア皇室から英国王室に幾度となくファベルジェが贈られたのです。
ドイツやデンマーク、スウェーデンの王室なども珍しいファベルジェを所有しています。これらの王室もまたロシア皇室と親戚関係にあったため、贈り物として国境を越えることになるのです。こうしてファベルジェはヨーロッパ中の王室や皇室の間にその名が知れ渡るようになりました。ロシアのニコライ2世が世界ツアーを組んだ際には、日本の皇室にもファベルジェが贈られています。

XXV anniversary clockparrot on perchminiature orange enamel frame
左/XXV anniversary clock ※1
ゴールドに彩られたシルバー、ピンクエナメル、ネフライトによる25 周年記念時計。ダイヤモンドや小粒の真珠も用いられている。高さ約15.2cm。(By Faberge, workmaster Henrik Wigstrom. St. Petersburg, circa 1910.)
中/parrot on perch ※1
ルビーの目が美しいオウムはめのうの彫刻によるもの。シルバー製のとまり木はえさ箱と水入れと一緒にスウィングする。高さ約11.4cm。(By Faberge, workmaster Michael Perchin. St. Petersburg, circa 1900.)
右/miniature orange enamel frame ※1
ゴールドを散りばめたオレンジエナメルによる写真立てのミニチュア。暖炉の火格子の形をして、ベゼルには小粒の真珠、先端は3つの真珠で飾られている。高さ約5.7 cm。(By Faberge, workmaster Johan Viktor Aarne. St. Petersburg, circa 1900)

パリのファッション界を動かすファベルジェのエナメル技工

 サンクトペテルブルグとモスクワにあったファベルジェの工房では、500人もの熟練の職人が働いていました。25年~30年の間に15万個のオブジェが作られ、すべてが唯一無二のもの。その創造力には驚かされるばかりです。
作品のなかには過去の様式に刺激を受けたデザインのものも見られます。ゴシック様式のファベルジェやルネッサンス様式、アンピール様式、ルイ・フィリップ様式などの影響を受けながらも、独自のスタイルに仕上げた作品を見ると、いかにカールが柔軟な発想を持ち合わせていたか分かります。また、インド様式やペルシア様式、トルコ様式、中国様式、さらには日本様式など、東洋の芸術に刺激を受けた作品も多く残ります。特に日本には深い関心を持ち、サンクトペテルブルグにはジャパンという名のお店も出店していたほど。このお店では100もの根付のような作品が扱われていました。
技工面の特徴としてはエナメルカラーを施した作品が多いことが挙げられます。エナメル加工は18世紀に発展した技工です。ロシア皇帝は特にエナメルを好み、ルイ15世やルイ16世の時代に作られた多くの作品が皇帝の宝物となっています。
ファベルジェもこれらの作品に影響を受けましたが、さらにエナメル技法を改良した点は見逃せません。焼き付ける温度差を利用してエナメル層を6~7層にも重ねる技法を編み出したほか、研磨の技術も上げ、透明に近いほどクリアなエナメルを可能にしました。エナメルの新しい色の開発にも力を注ぎ、王室の女性たちは毎年、ファベルジェの新色の発表を待ってからパリのオートクチュールデザイナーたちに新色に合うドレスを作らせたのです。このようにファベルジェはヨーロッパのファッション界にも多大な影響をもたらしました。

rabbitsrock crystal boxblue enamel seal
左/rabbits ※1
3匹のウサギの彫刻。一つは目にローズダイヤモンドが用いられたグレーのカルガン碧玉、もう一つも同じく目にローズダイヤモンドが用いられたブラウン碧玉、最後は白い玉髄で目にはルビーが使用されている。長さ約11.4cm。(By Faberge, circa 1900)
中/rock crystal box ※1
ゴールドが散りばめられた長方形をした水晶のかぎタバコ入れ。ローズダイヤモンドがセットされたグリーンエナメルとルビーのつまみが取り付けられている。長さ約6.2 cm(オリジナル箱)(By Faberge, workmaster Henrik Wigstrom. St. Petersburg, 1896-1908)
右/blue enamel seal ※1
卵の形をしたゴールドとブルーエナメルによる印章。卵には騎士団のヘルメットが飾られている。高さ約6.3 cm。(By Faberge, workmaster Henrik Wigstrom. St. Petersburg, 1904)

ファベルジェ栄光と終焉

 アレクサンドル3世の時代である1885年から1894年までの間に、皇帝から妻のマリア・フョードロブナへのプレゼントのために、ファベルジェは10個のイースターエッグの制作を手がけました。イースターエッグはキリスト復活のシンボルです。特に皇帝のためのインペリアル・イースターエッグは華麗さだけではなく、精巧な仕掛けが大きな特徴で、歴史上屈指の宝飾品と言われています。
アレクサンドル3世の死後、息子であるニコライ2世が彼の跡を継いでからも皇室家でのイースターエッグの伝統は継承されました。以降、ファベルジェは毎年2つのインペリアル・イースターエッグを皇室に献上しています。一つは母であるマリア・フョードロブナのため、もうひとつは自分の妻、アレクサンドラ・フョードロブナのため。このインペリアル・イースターエッグは年を重ねる毎に複雑で美しく、上品に、そしていっそう高価になっていきました。1900年に開催されたパリ万国博覧会ではロシア皇帝の依頼によりすべてのインペリアル・イースターエッグが展示されました。この出来事はファベルジェの評価を決定づけることになり、世界での大躍進のきっかけにもなりました。
1914年までにたくさんの作品が生み出されてきましたが、第一次世界大戦の開戦によって材料となる金や銀の入手が困難になります。例えば1916年のイースターエッグはスチールで作られています。銅や鉛でも作りはじめるようになり、工房の職人たちも戦争にかり出されることで、これ以上作品を作ることができなくなりました。大戦はファベルジェの栄光に暗い影となって忍び寄ることになるのです。

ロシア皇帝の失墜と運命をともにするファベルジェ

Imperial Peter the Great Easter Egg

 1917年の冬、ロシア皇帝はその権力を失い退位を迫られると、家族とともに投獄され、さらにウラル地方のエカテリンブルグへ移されます。サンクトペテルブルグでの10月革命で革命家のボリシェヴィキが勝利すると、皇帝と運命をともにするようにファベルジェはロシアにおけるすべての顧客を失うこととなりました。そして、カール・ファベルジェもまた、皇帝に近かったためにボリシェヴィキから身を隠すためにロシアから脱出せざるをえなくなります。フィンランド、ドイツ、スイスへと身分を隠しながら逃げ隠れ、1920年に亡くなった時には無一文だったといいます。
ロシア皇室とともに発展したからこそ、皇帝の失墜とともに終焉を迎えざるを得なかったファベルジェ。運命は激動の歴史の波に抗うことはできませんでしたが、その普遍的な美しさは伝説として現在にまで受け継がれています。

Imperial Peter the Great Easter Egg

Imperial Peter the Great Easter Egg

1903年4月6日の復活祭で、ロシア皇帝ニコライ2世が妻のアレクサンドラ・フョードロブナに贈ったイースターエッグ。この贈り物のために同年4月26日に9760 ルーブルが支払われている。1916年9月までウィンター宮殿の皇后の書斎に保管されたのち、1917年に暫定政府によって保管のためにモスクワに移される。1933年にはソビエト政府の命によって4000 ルーブルで売却され、さらに1936 年にニューヨークのA La Vieille Russie のアレキサンダー・シャファー氏の手元に渡る。1942年~1944 年の間はヴァージニアのリリアン・トーマス・プラット氏によって1万6500 ドルで買われ、1947年、彼女が亡くなった際に、ヴァージニア美術館に寄贈され現在に至る。このインペリアル・イースターエッグはサンクトペテルブルグがロシア皇帝ピーター・ザ・グレイト(ピョートル大帝)によって創設されて200年経ったことを記念して作られたもので、大帝や彼の木造の兵舎、ニコラス2世と彼のウィンター宮殿のミニチュアがセットになっている。サプライズとしてエッグのなかには、1766年にキャサリン・ザ・グレイト皇后の命によってエティエンヌ・ファルコレットが建てた有名な像の可動式のミニチュアが収まっている。このミニチュアはイースターエッグの本体から機械装置によって持ち上がるような仕掛けがなされている。

Signed Faberge, initials of workmaster Michael Perchin, dated 1703 and 1903, St. Petersburg assay mark for 1899-1908
Height: 4 3/8 inches (11.1 cm) Virginia Museum of Fine Art, Richmond (Bequest of Lillian Thomas Pratt)
Made of three- and four-coloured gold, platinum, rose-cut diamonds, foiled rubies, translucent yellow, opaque white enamel, enamel, sapphire.
Watercolour miniatures by B. Byalz on ivory, rock crystal. Statue in bronze
©2003 Virginia Museum of Fine Arts
Photo by Katherine Wetzel

INQUIRIES

※1=ニューヨークの五番街、セントラルパークのほとりに佇むアンティーク宝石店「A La Vieille Russie」が扱うファベルジェによる作品。 ロシアの至宝は激動の時代を生き抜き、様々な所有者の手を経て、現在ニューヨークでその輝きを放っている。

A La Vieille Russie (※1の宝飾品について)
781 5th Avenue, New York NY
TEL 212-752-1727
http://www.alvr.com/